明太子をご飯に乗せて食べることにはジャスティスを感じますね。
まず、明太子はやっぱり博多産の明太子。そしてお米をしっかり吸水させてほくほくに炊き上げる。じっくり蒸らしてお米の香りが広がったら迷いなく明太子を投げ込んでほぐして出来上がり。
シンプルイズベストとはまさにこの言葉なんだと思います。

おいしいお米に合うのは明太子だけではなくて、浜坂、皆生、越前、北海道のカニですね。アツアツのカニを味噌と一緒にほぐしてカニ汁でご飯を溶き、幸せな香りがしてきたら出来上がりという。
これも豪華ながらシンプルな一品であります。
お米を炊くのにいつも料理に合わせて堅さ、水分量を調整しているので同じお米でも色々な味わい方ができたりします。
カレーだったら固めとか、でも実は柔らかい方がおいしいと思える人もいたり。
お米は様々な人の好みがリアルに感じれる料理の美学だと思います。

カニと合わせるなら酢飯にしてお寿司風にしてもおいしくいただけるけど酢飯を作ると紫蘇の大葉が欲しくなってきますね。
ほくほくの酢飯に大葉、いくら、カニほぐしを載せて醤油をひと回しして出来上がる簡単な海鮮丼。
東京なら築地、大阪なら黒門市場、北海道ならどこでも食べれてとてもおいしいです。

カニと米と明太子の相性はきっと幸せなやつなんでしょう。

LINK LIST

毎日安全で美味しいお米は通販で購入してみませんか?|宅配農場精米人
訳ありカニを購入するなら/ 訳ありカニ 人気の格安通販店を紹介

検索

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし